都議会議員選挙を終えて

2017年7月12日 14時17分 | カテゴリー: トピックス

この度の都議会議員選挙で東京・生活者ネットワークはきくちやすえ(練馬区)岡本京子(世田谷区)小松久子(杉並区)山内れい子(国立・国分寺)の4人を擁立。「チャンス!東京を変える」

をスローガンに情報公開、政策討論ができる議会、子育て、介護を抱える東京の課題を訴えてきました。戦況は小池都民ファーストか自民党の選挙となりました。

結果、北多摩第2区(国立・国分寺)の山内れい子の1議席を死守することにとどまりました。

小池知事誕生後の自民都議の分裂や、国政自民党議員への不満から、都民の期待は都民ファーストに流れたのか… 今回、都民ファーストの大きな嵐に飲み込まれてしまいました。

当初、小池知事は都民ファーストを地域政党と言っていたが、生活者ネットワークは30年以上も地域政党として地元と共に活動をしてきました。

都民ファーストは都議会では第一党となりましたが、私たち生活者ネットワークは大きな波に飲み込まれることなく、あくまでも是是非非で見守っていきたいと思います。(田尻)