東大和市内の中小企業大学校の視察報告

2015年4月6日 15時42分 | カテゴリー: トピックス

 

個室、ネットも使える

 

研修などで使う部屋

いつも中小企業大学校の門の前を通り過ぎるだけで、どのようなかたが勉強するところ?

という疑問と、私たちは入れない?と思っていました。

この度、東大和市と東大和市商工会と中小企業大学校のコラボで、これから起業

したいと考えている方のサポートをしてもらえる場として、活用できると議員

じつかわ圭子の情報から、視察の運びとなりました。(2月20日)

業務課長 景山氏、BusiNestセンター長 大森氏から、説明を受け施設内見学を

しました。

中小企業経営者やその後継者、管理者向けの研修やこれから事業(NPO法人含む)を起こそうとしている人に対する支援、社労士・会計士等の紹介をしたり、又 東大和市民に向けて市報等で講習会や研修参加募集をし始めているとの事。しかし、中小企業の為 既存のNPO法人は対象外で、地域協議会としての施設利用は無理だという事でした。

講堂・図書館・学習室・食堂等の設備は充実していてとっても素晴らしく、長期研修者用の宿泊施設(300室)も整っていました。

商工会議所主催のイベント等には利用可能で、今年の産業祭は施設内で開催する予定という事です。

 東大和市は国(経済産業省・総務省)から「創業支援事業計画」の認定を受け市内で創業を希望する方を応援するということです。シェアードブースなど6000/月で借りることができ、インターネット環境など整っています。詳細は中小企業大学校BusiNest検索してください。(田尻 文子)