東大和・ネットサロン報告 「特定秘密保護法」の学習会に参加して

2014年6月1日 14時52分 | カテゴリー: トピックス

 

憲法サロン三木さんを囲んで

昨年12月6日 政府与党の強行採決によって成立した「特定秘密保護法」

この法は基本となる法理念が議論・審議されたとは言えず、多くの問題をはらんでいます。

私たち東大和・生活者ネットワークでは、三木由希子さん(NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長)を講師にお呼びし、この法案の何が問題で私たちにできることは何なのか?を学習しました。

<私たちにできること>

・法律ができたことによって市民社会が委縮したり、自主規制することはあっ

てはならない。

・秘密を持ちたがる政府の監視、政府の説明責任を徹底させるための法的枠組

 みとそれを求める市民の圧力が必要

・情報公開法や公文書管理法、公益通報者保護法の改正など、法的枠組みが不

 可決

・特定秘密保護法の施行の同棲の監視を続けること

・開かれた政府をつくることをあきらめないこと

 

以上点を頭において、今後も法の動きを見守らなければいけないと感じました。

                             長澤妙子